賃貸住宅の安定経営に必要|物件を探しているなら地域情報に詳しい不動産屋の利用がおすすめ

物件を探しているなら地域情報に詳しい不動産屋の利用がおすすめ

メンズ

賃貸住宅の安定経営に必要

ウーマン

家賃滞納の心配がなくなる

賃貸住宅を借りる時には連帯保証人が必要ですが、今は要件を満たす連帯保証人がいないという人も増えてきました。入居希望者がいても、連帯保証人がいないと部屋を貸すことができません。家賃債務保証会社と契約しておけば、連帯保証人がいなくても部屋を貸すことができるようになります。仮に入居者が家賃を滞納しても、かわりに家賃債務保証会社が家賃を立て替えてくれるからです。面倒な督促も家賃債務保証会社がするので、何の心配もせずに部屋を貸せるようになります。入居の際に必ず家賃債務保証会社と契約するように取り決めているオーナーもいます。家賃債務保証会社で勤め先や収入などの審査を行っているので、支払い能力がない人に部屋を貸す心配もなくなります。

空き室対策にもなる

シェアハウスを始める時も、家賃債務保証会社と契約しておくと安心です。シェアハウスは若者や外国人に人気がありますが、連帯保証人がいないという人が少なくありません。家賃債務保証会社と契約して連帯保証人不要にしておく事で、多くの入居者を集めることができます。シェアハウスは1つの家を複数の人に貸す為、家賃を安く設定できます。その為入居者が決まりやすく、借り手のいないマンションや戸建ての空き室対策に大変有効です。家賃債務保証会社と契約しておらず、家賃を滞納されたら自分で督促を行わなくてはいけません。滞納していても無理やり部屋を明け渡してもらうことはできないため、裁判や強制執行を行わなくてはいけないこともあります。そういった面倒な事態を避けるためにも家賃債務保証会社と契約しておくと安心です。